共済目的 大豆、茶
支払対象
となる
共済事故
風水害、干害、冷害、凍霜害、ひょう害その他気象上の原因(地震及び噴火を含みます)による災害、火災、病害虫及び鳥獣害による農作物の減収
加入資格 大豆・・・栽培面積が10アール以上で、組合の区域内に住所がある方。
茶・・・・・栽培面積が20アール以上で、組合の区域内に住所がある方。
引受方式
対象作物 引受方式 内 容
大 豆 一筆方式 被害耕地の減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払う方式。
半相殺方式 被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う方式。
全相殺方式 農家ごとの減収量が、農家の基準収穫量の1割を超えたときに共済金を支払う方式。
半相殺方式 被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払う方式。
災害収入共済方式 農家ごとの実収穫量が基準収穫量を下回り、今年の生産金額(農家手取額)が基準生産金額の8割〜3割(補償割合※1)を下回ったときに共済金を支払う方式。
※1 適用する補償割合は、農家選択によります
共済責任期間 大豆・・・発芽期(移植をする場合は移植期)から収穫をするまでの期間
茶・・・・・冬芽の成長停止期から一番茶の収穫をするまでの期間
共済金額

大豆・・・一筆方式の場合
      耕地ごとに、キログラム当り共済金額 × 基準収穫量の7割
大豆・・・半相殺方式の場合
      農家ごとに、キログラム当り共済金額 × 基準収穫量の8割
大豆・・・全相殺方式
      農家ごとに、キログラム当り共済金額 × 基準収穫量の9割
茶・・・・・半相殺方式  
      農家ごとに、キログラム当り共済金額 × 基準収穫量の7割
茶・・・・・災害収入共済方式  
      農家ごとに、基準生産金額(平年の収入金額)×8割〜3割(補償割合※1
※1 適用する補償割合は、農家選択によります

共済掛金 共済金額 × 共済掛金率(一般に掛金率は、3年ごとに改定される)
※ 掛金の内、55パーセントを国が負担しています。
損害発生の
通知及び
損害評価
損害防止 ・・・・・・ 農家は、通常すべき管理やその他損害防止に努める義務があります。
損害発生通知・・・ 農家は、共済事故が発生したとき及び共済金の支払いを受けるべく損害を認めた場合は、遅滞なく組合に通知して下さい。
共済金
の計算
共済金の支払額  キログラム当り共済金額 × 共済減収量

※:共済減収量の求め方
大豆・・・半相殺方式の場合  
  被害耕地ごとの減収量の合計 - 当該耕地ごとの基準収穫量の合計 × 0.2
大豆・・・一筆方式の場合
  被害耕地の減収量 - 当該耕地の基準収穫量 × 0.3
茶・・・・・半相殺方式のみ  
  被害耕地ごとの減収量の合計 - 当該耕地ごとの基準収穫量の合計 × 0.3

        

      (寒害)                     (凍霜害)


  ページの先頭に移動ページの先頭に移動