共済目的 水稲・麦(秋播き麦)
支払対象となる
共済事故
風水害・干害・ひょう害・冷害・凍霜害・暖冬害・寒害・雪害・雨害湿潤害・冷湿害・土壌湿潤害・地震害・雷害・地すべりの害・その他気象上の原因による災害・火災・病害・虫害・鳥害・獣害による農作物の減収
加入資格 組合の区域内に住居を有し、水稲20a以上・麦10a以上耕作する農家の方は当然加入となります。また、水稲20a以下・麦10a以下耕作されている農家の方については任意(申出)加入することができます。
共済事故等に
よる種別
農作物共済の共済事故等による種別は、一筆方式と半相殺方式があり、農家選択が可能となっていますが、基本は一筆方式です。
共済責任期間 水稲;本田移植期(直播きの場合は発芽期)から収穫をするに至るまでの期間
麦  ;発芽期(移植の場合は移植期)から収穫をするに至るまでの期間
共済金額 単位(kg)当たり共済金額※1 × 耕地の基準収穫量の7割※2
※1:農林水産大臣が定める金額
※2:他の補償開始割合等を選択した場合はその割合
共済掛金 共済金額 × 共済掛金率※3 により算出される金額となります。
ただし、農家の方の負担を軽くするために、国は次の割合により掛金を負担しています。
水稲・・・共済掛金の50%
麦・・・・・共済掛金の53%(平均)
※3:農林水産大臣が定める率
共済金の計算 共済事故等の種類ごとに3割を超える減収となった耕地※4に対し、共済金を支払います。
   共済金 = 単位当たり共済金額 × 共済減収量※5
※4:基準収穫量より3割以上減収となる耕地
※5:減収量−基準収穫量×0.3
無事戻し金 農作物共済は1年ごとの保険ですので掛け捨てと思われますが、3年間共済金の支払を受けなかった場合は、農家の方の負担いただきました3年間の共済掛金の2分の1を無事戻し金としてお支払いいたします。
ただし、総代会の議決や収支状況によっては、お返しできない場合があります。

ページの先頭に移動ページの先頭に移動